【FX】Tradeviewの口座開設方法をご紹介♪

今回はTradeviewの口座開設方法についてご紹介していきます。

 

費用は一切不要で約5分ほどで登録完了いたします。

 

 

必要書類の用意

 

1.本人確認書類

運転免許証、パスポート、写真付き住民基本台帳カードのうち、どれか1点。

 

 

2.現住所証明書類

3ヶ月以内に発行された、住民票、ガス・電気・水道などの公共料金の明細 書・請求書、固定電話明細・携帯電話明細、クレジットカード明細、健康保 険証(有効期限内)などのうち、どれか1点

 

 

以上の2点のデータが必要となりますので、事前に準備しておいて下さい。

 

携帯電話のカメラ等で撮影した画像データで大丈夫です。

 

 

2.申し込みフォームの入力と送信

まずは以下のリンクを開いてください。

 

⇒Tradeview

 

D-toolを利用する場合必ずこちらのリンクからご登録ください。(*こちらのリンクから登録が確認できない場合、ツールを稼働できませんのでご注意ください。)

 

 

取引プラットフォームは「メタトレーダー4Innovative Liquidity Connector」、取引口座の通貨は「円口座」をご選択ください。

 

 

 

 

氏名はローマ字で入力してください。

生年月日は、日/月/年の表記です。仮に 1986 年 7 月 25 日生まれであれば、 25/07/1986 となります。

 

パスポートの入力必須ではありませんが、お持ちの場合は、パスポート番号を入力しておくと後の入力 がスムーズです。

 

 

住所もローマ字で入力します。

 

表記は、日本語表記と逆となり、 仮に、埼玉県入間市大字 812-2  SSKマンション 202 号室の場合であれば、 上記の例のように表記します。

 

お住まいがマンションやアパートでなければ、「住所 2」の記入は不要です。

 

 

 

ここで入力したメールアドレスに、ログイン情報などの重要な情報が送られ てきます。

 

通常、こちらで入力した電話番号に電話がかかってくること はありませんのでご安心ください。

 

「銀行情報」は、ここでの入力は必須 ではありません。

 

 

「米国市民権・永住権はありません」を選択すると、米国籍以外の場合の身 分証明番号の入力欄が表示されます。

 

 

ここで、パスポートをお持ちの場合は「本人確認書類の種類」に Passportと入力し、 「本人確認書類の番号」に、パスポート番号を入力します。

 

「本人確認書類の種類」を運転免許証にしたい場合は、Driver’s license と入力し、免許証の番号を入力してください。

 

 

職業や資産に関することも入力必要事項にありますが、確認を受けることはないので、把握している範囲の情報で大丈夫です。

 

 

 

財務状況・投資経験等の質問に対しては、下記をのように選択してください。

 

*経験や総資産が低いと別途書類を求められることもありますので、できれば同じように入力することをオススメします。

 

いずれも証明する必要はありませんので、ご安心ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

「書類の種類」を選択すると、それに該当した書類のアップロード画面が表 示されます。

 

 

「選択してください」の部分をクリックしてアップロードして下さい。

 

 

「署名」は、画面上でマウス or トラックバッドの左ボタンを押しながら等サインすることが出来ます。サインを書き終えたら「署名の完了」をクリックします。

 

そして、必要か所にチェックの上、「送信ボタン」をクリックして下さい。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です