【マインドセット】自由と放縦の違い!自由という言葉には落とし穴が…

あつしです♪

 

今日は自由と放縦についてお話ししていきます。

 

ネットビジネスに限らず、稼ぎたいと思ってる人で一番理由として多いのが、自由になりたいということではないでしょうか?

 

ただ、この自由という言葉には落とし穴があるというのが僕の見解です。

 

もちろん僕も最初は自由になりたいと思って独立をしました。しかしそこに待っていたのは自分が思い描いていたような自由ではありませんでした。

 

一般的に解釈されている自由を手に入れると、全てから解放されるイメージですが、実はそうではありません。

 

おそらくそれは自分が自由ということばの解釈を間違っていたから…

 

そこでタイトルにある放縦という言葉が出てきます。

 

自由をという言葉をきちんと定義できている方なら別ですが、自由を放縦と履き違えているとただただ虚しさしかないのです。

 

放縦とは牧場で飼いならされている牛や馬をイメージして頂けるとわかりやすいと思います。規律もルールもないし、危険もない、ただ生きているだけの状態。

 

僕も独立一年目に放縦よ状態に陥り虚無感に襲われましたが、先を行っているいろんな方の話を聞いても同じような経験をしている人が多いです。

 

恐らく自由を求めている人は一度はこの感覚に襲われるでしょう。

 

自由とは言っても、日々考えごとはするし、人との関係は切れませんし、なにしろ生きていかなければならないということに気づきます。

 

今まで、仕事に没頭していた方であればあるほど盲点になってくるのですが、放縦を求めても真の自由は手に入らないのです。

 

では真の自由とはなにか?

 

それは規律やルールの範囲内で自分が本当にやりたいこと、なりたい理想の自分像を実現していくことだと思います。

 

会社を辞めて人ともあわず、ダラダラして、時間だけが過ぎていく…僕は一年間そういう生活をしていました。

 

周りから見ると羨ましく、その状態を目指している人も多いかもしれませんが、そこにはただただ虚しさと社会から隔離されているという孤独感しかありません。

 

逆説的ですが、インターネットという個人で全て完結できるビジネスだからこそ、人とつながること、自分でルールを決めることが大事になってきます。

 

自由であるからこそ、ルールがないと自由が放縦になり、堕落してしまいます。

 

独立したことがない方、日々忙しく過ごしている方にはイメージできないかもしれませんが、とても大切だと思ったことなので書いてみました♪

 

目先のタスクをこなすことも大切ですが、ぜひ、先の先を見据えて行動していきましょう♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です