【マインドセット】なぜ燃え尽き症候群になるのか?どうすれば抜け出せるのか?

あつしです♪

 

今回は燃え尽き症候群についてお話ししていきます。なぜこのようなお話しをするのかというと、ビジネスのスタートアップにはものすごいエネルギーが必要で、スタートアップを乗り越えたときに燃え尽き症候群に陥る方が多いからです。

 

実際僕も、

 

  • 学生の頃
  • 会社員の頃
  • ビジネスを始めたとき…etc

 

数え切れないぐらいの燃え尽き症候群に陥ってきました。

 

今回はそんな経験からあなたに伝えておきたいことをまとめておきたいと思ったので、記事にさせていただきました。参考にしていただけると幸いです。

 

 

バランスが大事なのは時と場合による

 

はじめに言っておきますが、バランスは大切ですが、それは時と場合によります。つまりあなたの現状によってバランスを意識するかどうかがかわるのです。

 

例えばビジネスのスタートアップや何かに挑戦するときは、バランスは度外視して行動しまくったほうがより早く、大きな成果が出ます。

 

ただ、行動しまくることによってバランスを崩すという弊害が出ることを覚えておいてください。

 

例えば僕の場合、インターネットビジネスに取り組み始めたときは副業で本当に寝る間も惜しんで行動していました。毎日栄養ドリンクを朝晩2本飲んでいました。

 

その結果どうなったかというと…

 

3ヶ月で月収50万円以上稼ぐことができましたが、その代わり1ヶ月ほど全く行動できなくなったのです。そのときは気づきませんでしたが、振り返ると行動しすぎたことによってバランスを崩してしまっていたのです。

 

 

バランスを崩す理由

 

バランスを崩す理由は、自分の限界を突破して行動してしまうことにあります。つまり頑張りすぎる人がこの傾向にあるのです。

 

一時的には行動できるけど、長く続かない。どうしても継続できない。そういう人は短期間で自分の限界値以上のエネルギーを消費しています。

 

エネルギーというのは限界があります。もちろんその限界点を引き上げていくことはできますが、今現時点でのあなたの限界というのがあるということを理解しておいてください。

 

当たり前のように思えるかもしれませんが、特に若いときや、ポジティブな情報に触れたときや、自分の人生がうまくいっているときは、このエネルギーには限界があるということを忘れてしまいます。

 

つまり自分のキャパを超えて行動してしまい、しばらくは自分でも驚くぐらい行動できるのですが、その期間が過ぎた後に一気に反動がきて、逆に驚くほど行動できなくなります。

 

いわゆる燃え尽き症候群というやつです。

 

 

燃え尽き症候群にならないためには?

 

まず燃え尽き症候群になる人の特徴として、目先の目標だけをみているというのがあります。それを達成した後の次のステージを見据えないまま行動しまくるとほぼ間違いなく燃え尽きます。

 

なので予防策としては、今短期的な目標のためにがむしゃらに行動しているのであれば、その次の目標まで決めてしまうということです。

 

中長期的な目標を設定しておくことによって、短期的な目標を達成してもまだ次にやることがあるので、燃え尽きる可能性はかなり低くなります。

 

ただ、ここで注意点としては中長期の目標は短期的な目標の延長線上になっているということと、自分が本当にやりたいことであるということです。

 

人はいやいややっていたら継続することはできません。もちろん目標を達成する過程で嫌な作業はつきものですが、それを凌駕した達成したい目標ややりたいことを定めることによって、嫌な行動も乗り越えていくことができます。

 

 

燃え尽き症候群から抜け出すためには?

 

僕の経験上燃え尽き症候群から抜け出すためには時間をかけるしかありません。無理に抜け出そうとすると返って反動がおきます。できる範囲で時の流れに身を任せるのが良いでしょう。休むことによってあなたのエネルギーは回復していきます。

 

燃え尽きている間はかなりつらいですが、必ずいつか回復するということを知っておいてください。

 

ただ、その際に次の目標へのアンテナを貼ることが大事になってきます。無理に探すのではなく、自分は何をやりたいのかな〜?と考えておくことによってふとした瞬間に「これやってみたい」というものがみつかってきますので、そのタイミングを待ちましょう。

 

そして次の目標が見つかるタイミングで燃え尽きから抜け出すことができます。

 

 

燃え尽き症候群の良い面

 

燃え尽き症候群になると、本当にどん底のきもちになりますが、悪い面ばかりではありません。僕は幾多の燃え尽き症候群を経験してきて、その時々によって自分の基準値が上がってきました。

 

例えるなれば、ドラゴンボールで悟空が瀕死の状態から回復したときにパワーアップしているような、そんな感じです。

 

燃え尽き症候群になるぐらい短期間でがっつり行動したということは、それ相応のスキルや知識が付いています。燃え尽きているときは気がつきませんが、回復した時にびっくりするぐらい自分の能力が上がっているということに気がつくでしょう。

 

そしてどんどん回復までのスピードも上がってきて、いつしか、燃え尽きることがなくなってきます。

 

 

さいごに

 

いかがでしたでしょうか?

 

あなたももしかしたら今燃え尽きてしまっているかもしれません。僕もその状態をなんども経験したことがあるので、その気持ちは痛いほどわかります。

 

ただ、一生その状態が続くことはありませんし、抜け出したときにものすごくパワーアップしています。

 

ただこればかりは人に言われても理解できず、自分で経験していかなければわからないことですので、ぜひあまり焦らずゆっくりと回復を待ってみてくださいね♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です